プライマリーケア

プライマリーケア(初期診療)とは、病気にかかった時に「最初に受ける診療」のことを言います。プライマリーケアはかかりつけ医の本分であり、患者様の全身状態を把握し、いくつもの診療科にまたがる包括的な診療をすることが要求されます。専門的な医療が必要と判断した場合、今までの医師人生で培ったネットワークで、ご希望に沿った医療機関や専門医をご紹介いたします。

よくある疾患(common disease)に幅広く対応

せき、痰、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く対応いたします。
急な体調不良や日常的に起こる症状の診察・検査などに応じますので、はっきりとした症状が出ている時はもちろんのこと、「調子が悪いけれど、何科を受診したらいいのかわからない」というような場合も、遠慮無くご相談ください。また不定愁訴(病名のつかない原因不明の不調)や健康上の不安などについても、ご相談をお待ちしております。

地域の皆様の“ホームドクター”です

体の調子が悪い時に多くの人が最初に受診するクリニック(開業医)は、適切な医療を受けるための“総合窓口”としての役割も担っています。
地域の皆様の“ホームドクター”(ご自身・ご家族の日常的な診療、および健康管理を行う身近な医師)となれるよう、的確丁寧な初期診療(プライマリ・ケア※)をいたします。

*会社や学校、市町村の健(検)診などで、何らかの「異常」や「指摘」を受けた方の診療も行っております。

こんな症状は早めにご相談ください。

  • 疲労感
  • 急な体重の増減
  • 発熱
  • せき、鼻水、喉の痛み
  • 胸痛、胸部圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹 など

主な診療内容

急性疾患
風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)、尿道・膀胱炎、熱中症など
慢性疾患
生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質代謝異常、痛風(高尿酸血症)、メタボリックシンドローム等)、貧血、頭痛、便秘症 など

生活習慣病について

生活習慣病には、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などがあります。いずれも過食や偏食、運動不足、嗜好品(タバコ・お酒など)の摂取過多といった生活習慣の不摂生が主な原因となって起こる慢性疾患であり、生活習慣を見直すことが予防・改善につながるのが特徴です。
当院では、ホームドクター(かかりつけ医)として生活習慣病の診断・管理を行います。

ライフケア

クリニック名「ライフケア」に関して

健康であるためには、運動、睡眠、食事などの習慣が大切と考えています。「健全なる精神は健全なる身体に宿る」「病は気から」という言葉を痛感することがあります。身体の健康により精神の健康も保たれますが、
昨今、アンチエイジングという言葉が流行っていますが、美容的な側面が取り上げられることが多いと考えています。病気を予防することが本当のアンチエイジングではないかと考えています。当院では薬を処方するだけでなく、健康情報の提供や生活習慣の改善の方法をご提案します。
また、雑誌やネットで健康食品やダイエットについての情報が氾濫しています。それらすべてを否定するつもりはありませんが、お金儲けに繋がるものが多いことも確かです。特に食品は体を作る重要な要素ですから、
運動や食事は極端なことがあまりよくないと経験しています。「中庸」という言葉がありますが、何事もやりすぎずバランスよく、がよいのではないかと思っています。
健康のために取り入れる習慣にはEvidence(基礎研究や臨床研究などで検証された結果や証拠)の有無が重要と考えていますが、evidenceだけでは判断できない長年の先人たちの智恵や経験も存在すると考えています。
健康保険で承認されている漢方薬の使用は体質(証)により使用できる薬剤が異なりますので、診察の上ご相談に応じます。マッサージや鍼灸、温泉やサウナなども既往の有無や体質にもよりますが、健康増進に有用と考えています。

伸ばすべきは「健康寿命」

健康寿命とは、WHOが提唱した平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間をいいます。

これまでの平均寿命はいわゆる「寝たきり」や「認知症」といった介護を要する期間を含むため、生涯の健康な時期とに大きな開きがあることが指摘されておりました。健康寿命から平均寿命の差の期間は、寝たきりなどで生活の質の低下を招くことが多く、医療費や介護 費もかかるため、差が少ない方が良いとされていますが、日本ではこの差が欧米各国と比べても長く、男性で9年、女性で12年と言われています。

健康寿命を延ばすのは、健康も経済と一緒で長年の習慣の積み立てです。若いころは貯蓄の時期。とはいっても健康に良いことを心掛けるのは大変ですし、情報が氾濫しているので選択が難しいと感じることがあると思います。そのため、健康に悪そうな毎日の積み重ねを避けるのもひとつの健康法かもしれません。そして年齢があがったらサルコペニア・フレイルを予防することです。

年齢が上がってきてから急に習慣を変えるのは難しいので、健康を考える年齢になった時から備えていかれるのも良いと思います。

自然の力を利用する

ロゴに木の葉っぱや太陽を使用しましたが、都心に住んでいても、自然と触れあい、太陽や緑などを身近に感じながら生きることが身体にも精神の安定にも重要と考えています

西洋の民間療法であるハーブや精油を用いた治療法は、自己免疫力の活性化や自己治癒力を高めるのに有用と考え、当院でも待合室にアロマオイルのディフューザーを設置し、ご来院の皆様に効果を体験していただければと思います。そして毎日同じ場所で過ごす私達スタッフのストレスや頭痛の軽減にも役立つと考えています。直接身体に吸収されるものでもあり、オーガニック100%にこだわったヴィアローム社の製品を使用しています。購入も可能なので、ご興味のある方は診察時にお伝えください。

当院では長い人生を健康に過ごしていただけるよう、病気の時だけでなく、普段からお手伝いをさせていただきます。生活習慣の見直し、健康診断の結果についてのご質問、体質なのか病気なのか判断に迷うけれど症状に困っている、などありましたら、お気軽にご相談ください。

西麻布ライフケアクリニック
〒106-0031
東京都港区西麻布4-4-3
フリーディオ西麻布1F
院長
池田 真美
診療科目
外科、消化器内科、訪問診療、往診、プライマリーケア、疼痛緩和、がん・セカンドオピニオン
メール
info@nishiazabu-lifecare.jp
アクセス
【電車でお越しの方】
東京メトロ日比谷線 「広尾駅」徒歩6分
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「 六本木駅」徒歩10分
東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」徒歩13分

【都営バスでお越しの方】
品97系統(新宿駅西口と品川駅高輪口)
黒77系統(千駄ヶ谷駅と目黒駅)「日赤医療センター 下」から徒歩3分、「西麻布」から徒歩2分
都01系統(渋谷駅と新橋駅)「西麻布」から徒歩5分 

【お車でお越しの方】
専用駐車場なし、近隣にコインパーキングあり
休診日祝祭日
  • 訪問診療患者様は24時間365日対応
  • 訪問診療患者対応のため、外来診療時間中に医師が不在となる時間帯が発生することがあるため、受診前に予約のお問い合わせをお願いいたします。
  • 発熱外来は予約制です。
  • 上記以外の時間帯の発熱の際は、電話でお問い合わせください。
  • 第4日曜は「女性のためのおなかとおしりの外来」を行います。
診療時間
9:00-12:00
14:00-17:30 第2週:
14時~20時
第1,第3,第4週:
14時~20時
18:30-20:00
予約優先往診応需COVID19PCR検査可能オンライン診療対応