消化器内科とは

消化管(口、食道、胃、小腸、大腸、肛門までの全長約9mの管状の臓器)と、それに連なっている胆嚢、肝臓、膵臓などを消化器と呼びます。これらの病気を診察するのが消化器科です。院長は肝臓癌や膵臓癌を切除する消化器外科が専門でしたが、クリニックでは手術はできません。内科の知識をもって外科手術を行っていましたので、クリニックではその知識を生かして消化器内科の診療を行います。
具体的には、消化管に潰瘍や腫瘍、結石などがないか、ウイルスや細菌に感染して症状を起こしていないかなどを診療します。腹痛や嘔吐、下痢、便秘などの消化器症状がみられた際は、速やかにご受診ください。
原因がよくわからないが体調不良である、という理由で来院される方の中では、消化器の病気が原因であったという患者様が多くいます。ストレスの影響を受けやすいこともあります。
日本人のがん患者様のおよそ60%の方は消化器のがんと言われています。

このような症状は、ご相談ください

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 便秘がちである
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする など

消化管の主な疾患

  • 逆流性食道炎
  • 食道癌
  • 急性、慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 胃癌
  • 胃ポリープ
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 腸閉塞
  • 大腸癌
  • 大腸ポリープ
  • 虫垂炎
  • 大腸憩室炎
  • ピロリ菌感染
  • 感染性胃腸炎
  • 機能性消化管障害
  • 便秘症
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 炎症性腸疾患(クローン病 潰瘍性大腸炎)
  • 直腸脱 など

内視鏡検査について

消化管の精密検査である内視鏡検査ですが、当院では行っておりません。都心という土地柄、近隣に内視鏡専門のクリニックが多数ございます。内視鏡が必要と判断した場合には専門の医師や病院をご紹介させていただきます。

肝臓、胆嚢、膵臓の主な疾患

  • 肝炎(ウイルス性、アルコール性)
  • 脂肪肝
  • 肝硬変
  • 肝臓癌
  • 胆石
  • 胆嚢炎
  • 胆管炎
  • 急性、慢性膵炎
  • 膵嚢胞
  • 膵臓癌 など

院長の専門が肝臓・胆嚢・膵臓を取り扱う肝胆膵外科であったことから、これらの臓器の疾患については詳細に拝見することができます。健診でこれらの臓器に異常を指摘された時、どこに行くべきか、どれくらいのスピード感で行動した方がいいかなど、ご相談に応じます。
疾患自体の人数が少ないため、たとえば膵臓癌や胆管癌は区民健診などの項目に入っていません。また、エコーの検査でも精査が難しい領域です。CTやMRI、PET検査などを組み合わせて診断していきます。

慢性炎症性疾患

がんは、普通の細胞から発生した異常な細胞のかたまりです。私たちの体で毎日1%くらいの細胞が死に、細胞分裂で減った細胞を補っています。細胞分裂ではDNAを毎日数千億回、コピーしています。コピーミスを起こすことがあります。これが遺伝子の突然変異で、がんの原因となります。コピーミスを起こす原因として、最大のものはたばこと言われています。タバコやアルコールによる刺激は炎症の原因となりますし、体になんらかの炎症が起こるとコピーミスが起こりやすくなります。たとえば肝では肝炎ウイルスによる肝臓癌、膵臓ではアルコールによる慢性膵炎で膵臓癌、胆管では膵胆管合流異常の膵液による慢性刺激による胆管癌、などが挙げられます。自己免疫性疾患などで自分では避けられない慢性炎症もありますが、アルコールやたばこや紫外線、放射線など、炎症から自分を守れる場合もあります。

アルコール摂取について

「酒は百薬の長」ということわざがあり、食欲のない方の食欲増進や、ストレス発散になる面もあります。しかし「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」も真実です。
肝胆膵領域は特にアルコールの影響を受けやすい臓器です。
癌の既往のある患者様にはアルコールは癌を発生させたり、成長させたりする作用がありますので、リスクとベネフィットを考えましょう。
アルコール関係のご商売の方やストレスのためアルコール依存になりかかっている方などはすぐに禁酒というわけにいかない場合もあると思います。アルコールの種類、量、時間、あわせる食事、休肝日など、アルコールとの付き合い方を一緒に考えて参りましょう。また、一旦肝臓に異常が指摘されたり、前述の慢性炎症の指摘を受けた場合には定期的に検診を行います。
また、けがで鎮痛剤を使用している時、手術直後の方、痔で出血している方はアルコールの服用は避けてください。

癌検査

癌術後の方の再発・転移の有無を調べる定期フォローや投薬を行います。
港区民健診の大腸癌検査として便潜血反応を検査します。
その他、腫瘍マーカー(採血での検査)にも対応いたします。検診目的は自費扱いとなります。

西麻布ライフケアクリニック
〒106-0031
東京都港区西麻布4-4-3
フリーディオ西麻布1F
院長
池田 真美
診療科目
外科、消化器内科、訪問診療、往診、プライマリーケア、疼痛緩和、がん・セカンドオピニオン
メール
info@nishiazabu-lifecare.jp
アクセス
【電車でお越しの方】
東京メトロ日比谷線 「広尾駅」徒歩6分
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「 六本木駅」徒歩10分
東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」徒歩13分

【都営バスでお越しの方】
品97系統(新宿駅西口と品川駅高輪口)
黒77系統(千駄ヶ谷駅と目黒駅)「日赤医療センター 下」から徒歩3分、「西麻布」から徒歩2分
都01系統(渋谷駅と新橋駅)「西麻布」から徒歩5分 

【お車でお越しの方】
専用駐車場なし、近隣にコインパーキングあり
休診日祝祭日
  • 訪問診療患者様は24時間365日対応
  • 訪問診療患者対応のため、外来診療時間中に医師が不在となる時間帯が発生することがあるため、受診前に予約のお問い合わせをお願いいたします。
  • 発熱外来は予約制です。
  • 上記以外の時間帯の発熱の際は、電話でお問い合わせください。
  • 第4日曜は「女性のためのおなかとおしりの外来」を行います。
診療時間
9:00-12:00
14:00-17:30 第2週:
14時~20時
第1,第3,第4週:
14時~20時
18:30-20:00
予約優先往診応需COVID19PCR検査可能オンライン診療対応