疼痛緩和とは

病気の中には、適切な治療を行なった後にも痛みが残ってしまうものがあります。また、進行がんなどの場合、痛みと向き合っていかざるを得ないケースもあります。重い疾患を抱える患者様は、その疾患自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的症状、落ち込み、悲しみ、不安などの苦痛に悩まされます。

疼痛緩和では、このような病気に伴う身体的・精神的な苦痛をやわらげ、患者様のQOL(生活の質)を改善します。

緩和ケアは単なる苦痛の除去ではありません

緩和ケアを取り入れる第一の目的としては、肉体的な痛みの緩和が挙げられます。実際に物理的な痛みが生じている患者様に対し、痛み止めなどのお薬を処方し、その苦痛を和らげていきます。がんの緩和ケアを例に挙げると、痛みや倦怠感、吐き気、嘔吐などの苦痛が緩和されていきますので、がん治療に取り組む意欲が湧いてきます。

緩和ケアは肉体的な苦痛の除去に留まらず、精神的な苦しみも和らげ、本来の治療の一助にもなりえます。痛みを我慢するのは決して得策ではありません。当院では、こうした緩和ケアを外来と訪問診療にて行っております。

このような方は緩和ケアにご相談ください

  • がんの診断が下された
  • がんの手術後に痛みがなかなか解消されない
  • がん治療を受けているが、不安感がなかなか治まらない
  • 痛みによってよく眠れない
  • 身体の節々に痛みがある
  • 強い痛みではないが、慢性的な疼痛が続いている など
気力の減退
息苦しさ、胸水貯留
嘔気・嘔吐、食欲不振、悪液質、腹水貯留
むくみ
不眠・せん妄
西麻布ライフケアクリニック
〒106-0031
東京都港区西麻布4-4-3
フリーディオ西麻布1F
院長
池田 真美
診療科目
外科、消化器内科、訪問診療、往診、プライマリーケア、疼痛緩和、がん・セカンドオピニオン
メール
info@nishiazabu-lifecare.jp
アクセス
【電車でお越しの方】
東京メトロ日比谷線 「広尾駅」徒歩6分
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「 六本木駅」徒歩10分
東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」徒歩13分

【都営バスでお越しの方】
品97系統(新宿駅西口と品川駅高輪口)
黒77系統(千駄ヶ谷駅と目黒駅)「日赤医療センター 下」から徒歩3分、「西麻布」から徒歩2分
都01系統(渋谷駅と新橋駅)「西麻布」から徒歩5分 

【お車でお越しの方】
専用駐車場なし、近隣にコインパーキングあり
休診日祝祭日
  • 訪問診療患者様は24時間365日対応
  • 訪問診療患者対応のため、外来診療時間中に医師が不在となる時間帯が発生することがあるため、受診前に予約のお問い合わせをお願いいたします。
  • 発熱外来は予約制です。
  • 上記以外の時間帯の発熱の際は、電話でお問い合わせください。
  • 第4日曜は「女性のためのおなかとおしりの外来」を行います。
診療時間
9:00-12:00
14:00-17:30 第2週:
14時~20時
第1,第3,第4週:
14時~20時
18:30-20:00
予約優先往診応需COVID19PCR検査可能オンライン診療対応